参画堂日記

わたしをつくる、仕事をつくる、社会をつくる。
NPO法人参画プラネット オフィシャルブログ

CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 虹色日記352:男女共同参画奨励賞を受賞しました
    深井希代 (10/10)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    のりこ (04/06)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    手しごと屋 (04/04)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    なつこ (11/24)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    masayo akasi (08/11)
  • さざ波日記:404_「違いを共に生きる」講義(愛知淑徳大学にて)から
    的場かおり (07/04)
  • 流れ星日記999:お礼、そしてこれからも。
    yukiko (06/24)
  • 虹色日記331:Cinemaな日@『別離』
    なつこ (06/03)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    なつこ (03/11)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    こんちゃん★ (03/10)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
流れ星日記1097:名古屋短期大学「+UPインターンシップ報告会」に参加してきました
ご無沙汰しているうちに、すっかり秋に入ってしまいました<(_ _)>。8日の中秋の名月、名古屋では幸いなことに見事なお月さまを眺めることができましたが、皆さまのところではいかがでしたでしょうか。

さて、9月10日(水)に、名古屋短期大学で行われた「+UPインターンシップ報告会」へ行ってまいりました(受け入れをした際の様子はこちらのブログに)。団体としては4年連続でお引き受けしているものです。わたしは受け入れの当日も担当したので、学生お二人がどんな発表をされるのか、とても関心がありました。



このインターンシップの特徴的なところは、大学に入学したばかりの7月にグループに分かれて企業訪問を行い、9月の報告会では100名を超える学生全員が、一人ずつ報告をするということです。パワーポイントを使用し、4分で発表を行った後、3分間の質疑応答。一つの会場では時間がかかりすぎるため、4会場に分けて開催され、私たち受入れ団体からの出席者は自由に部屋を移動して見学できるスタイルになっていました。

発表を見せていただいて驚いたのは、一人ひとりの発表がしっかり作られていて、このインターンシップの成果を確かに感じられたことでした。当然ながら課題も残ったことが見受けられましたが、その課題の発見も、それぞれの次につながる成果だと言っていいのではないでしょうか。わたしも短期大学経験者なので、「入学したと思ったら、あっという間に就職活動をしなきゃならない」という、学生生活の慌ただしい感じが良くわかります。だからこそ、入学してすぐのインターンシップは、働くことの意味を考える、一つの大切なきっかけになるのではと感じました。

さて、わたしたち参画プラネットを訪問してくださったお二人の報告はというと、やっぱり、他の企業さんを訪問した方たちとは一風違った、とても興味深い内容でした〜(*‘ω‘ *)。わたしには、短い時間で良くこれだけのことを受け止めていただいたなぁ、と感激する内容でした(おそらく、まだ若いお二人には難しい話も多かったと思うのです。目を丸くされていた様子が、今でも思い出されます)。参画プラネットのようなNPO法人が活動する意味、インターンシップをとおして、働くことのやりがいや、いくつになっても働きたい気持ちをもっていいのだと感じたという感想などをまとめていただいて、こちらがお伝えしたかったことが伝わっていたことも嬉しく思ったところです。それ以外にも「女性の能力を生かさないことは社会の損失である」とか「代表理事の渋谷典子先生の「女性と労働」は2年生になったら受講する」などのコメントもありました!

わたしたち多くの「先行く女性たち」が、自らが社会に出て困ったことがあったとき、力になってくれる存在だと知っていただけたことは、決して無意味ではない経験になったと思います。学生の皆さんの未来に、大きな期待と希望を持つことができる時間でした。

中村奈津子ハート
| 流れ星日記 | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
流れ星日記1096:8月のフォーラム・イマージは7日、21日です!
8月の「フォーラム・イマージ」のお知らせです!8月は7日(木)、21日(木)のそれぞれ、10:00〜20:00まで開催しています。先回のブログで予告したとおり、わたしも時間内(各日10:00〜16:00)に会場におります。ぜひ、ご都合に合わせてご参加をお待ちしています。

なお参加に関して、少しお尋ねをいただきましたので下記、ご案内に書き加えております。多方面の方からご関心を持っていただき、本当に感謝申し上げます<(_ _)>。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【フォーラム・イマージ】 
働く女性、働きたい女性は、毎日が「とき」「とき」でいっぱいですね。 
その「とき」をわたしたちにお聞かせください。 
チャレンジしたくなった「とき」。 
何かを発見したい「とき」。 
困りごとがある「とき」。 
希望を失いかけた「とき」。 
どこかに出かけたくなった「とき」。 
うれしいことがあった「とき」も。 
あなたの、その「とき」をいっしょに話し、考え、喜び、何とかしたい・・・。 
そんな思いが集う、「フォーラム・イマージ」です。 
さあ、ごいっしょに。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
◆開催日 8月7日(木)、21日(木)
◆時 間 午前10時〜午後8時(開催時間内は、いつでも入退室自由) 
◆参加費 300円(1回につき) 
◆対 象 女性のみ 
※乳幼児のご同伴はご遠慮いただいています。会場の都合上、不特定数のお子さまがいらっしゃた場合に、お子さまの安全が充分に確保できないためです。どうぞ、ご理解をいただければ幸いです。
※その他、ご参加にあたりましてご不明な点があれば、お気軽にお尋ねくだされば助かります。

◆主 催 NPO法人参画プラネット 
◆会 場 名古屋市中区栄一丁目7番26号.801(TEL:052‐203-5171) 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
※この事業は、名古屋市社会福祉協議会の地域福祉リーディングモデル事業「活動資金応援事業」(名古屋市福祉基金財源)により、助成を受けて実施しております。

中村奈津子
◎香織アート◎
| 流れ星日記 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
流れ星日記1095:名古屋短期大学「+UPインターンシップ」の受け入れをしました。
7月10日(木)、参画プラネットの事務所へ、名古屋短期大学の学生さん2人(と、引率の先生)がいらっしゃいました。「+UPインターンシップ(プラスアップインターンシップ)」と言って、現代教養学科1年生全員が、キャリア教育の一環として県下の企業や団体へインターンシップ体験をするプログラムがあり、参画プラネットが受け入れ団体の一つとなったためです。

参画プラネットはここ数年、このプログラムの受け入れ団体となっていますが、わたしが学生さんたちの対応をしたのは、今回が初めてでした(今回はわたしと、事務局長の林やすこさん、常任理事の伊藤静香さんと3名で対応しました)。リクルートスーツに身を包んだお2人は始め、とても緊張されている様子でしたが、同時に、こじんまりとした事務所の様子に戸惑っている様子でもありました。

ほとんどの学生さんが企業や行政を訪問する中で、わたしたちを訪ねてくださった学生さんの戸惑いは相当あっただろうなぁ、と思います。そもそもNPOとは何か、企業や行政とどう違うのか、参画プラネットはどういった組織体制や運営方法でどのような事業をしているのか、メンバーはどのような働き方をしているのかなど、一般企業であれば社名や業種を聞けばある程度具体的に想像できるものが、おそらくなかっただろうからです。

先方があらかじめ準備してきたご質問などにも答えながら、2時間、じっくりとお話をしました。わたしにとっては新鮮でもあり、楽しい時間でしたが、学生のお2人には「目がテン」なことがたくさんあったのではないでしょうか。わたしも、気を付けていても業界用語(例えば「ジェンダーバイアス」とか「エンパワーメント」とか、聞いたことが無い方にはピンとこないはず)で喋っちゃうので、十分伝わらなかったところもあるかもしれないなぁ、と後になって反省したり・・・。とはいえ、社会は企業と行政だけが動かしているのではないことを知ったり、ほぼ自分の母親以上の年代の女性たちが、社会の課題解決へ向けた活動をしている様子を見ていただけただけでも嬉しく思います。こうしたきっかけが無ければ、出会うことさえ難しかったかもしれないと思うからです。

今回のインターンシップを終えて考えたのは、インターンシップって通常「将来、就職するかもしれない企業・職業を体験」というのが一般的な趣旨なんだろうけども、NPOというセクターは、まだまだ、学生になりたての若い人たちが卒業後の就職先として思い描くには現実的じゃないのだろうなぁ、ということです。従来から指摘されていることですし、実際、参画プラネットもそうですが、安定した労働の場を若い人たちへ提供できますと胸を張って言える団体は少ないのが事実です。そういう意味では「力不足」なのでしょう。しかしNPOはそもそも、社会の状況に対して課題意識を持つところがスタートで、現状を変えていくために様々な資源(お金だけではない資源も)を活用して取り組みを進め、試行錯誤する事業体であるがゆえに、安定した未来を志向する「シューカツ」には向かない組織なのかもしれないなぁ、と言い訳がましく考えたりもしました。

この「+UPインターンシップ」、秋に受け入れ先の団体も招いての報告会が開かれる予定です。2011年に受け入れをした際の報告会の様子を、伊藤静香さんが「虹色日記308」で書いています。今年は日程が合えば、わたしも参加させていただきたいと思っています。ワクワク、ドキドキ、楽しみにしています。

中村奈津子ヤッタv
| 流れ星日記 | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
流れ星日記1094:3月30日に開催したフォーラム「位置につきました。」でいただいたコメントを共有します!
 4月以降、怒涛のように毎日が通り過ぎていきます。いったい、自分は何をしているのかと思うくらいの速さと目まぐるしさで、せめて季節は見逃さないようにと、日々、移動の途中に草木を眺めたり、空を見上げたりしています。冬のうちに剪定された樹木が、あちこちで再び勢いを増して葉を茂らせていく様子などを見ていると、わたしも、このエネルギーのおすそ分けをいただきたいという気持ちになります。

 さて、随分前のことに感じますが(実際そうなのですみません・・・)、3月30日に開催したフォーラム「位置につきました。」への参加者の皆さまからいただいたコメントを掲載させていただきます。イベント報告はこちらから、写真付きでご覧いただけます。上野千鶴子さん、岡野八代さんに対談をいただいた前半、フロアーからたくさんのメッセージをいただいた後半、ともに熱気あふれる、充実した内容のイベントとなりました。

【参加者からのコメント(アンケートに記入をいただいたもののうち「公開可」とお答えくださったものです】
  • 憲法の話は難しい言葉が多いので自分の生活に身近な問題としてとらえにくいのが課題。今日の上野さんや岡野さんのようにわかりやすい言葉で伝えていく努力をわかった人からわかった分ずつだけでもやっていく必要がある。でないと国民が知らないうちに自分たちの意にそわない憲法に変わってしまう可能性がある。そらおそろしい。
  • 私もWANの一員となり、日本の女性を輝かせたいです。上野さん、岡野さんのお話を聞き、「私が日本を変えなければ一体誰が変えるのか!」と改めて強く感じることができました。ありがとうございます。「私、政治家になります!」
  • 上野千鶴子さん、岡野八代さんのお話を聞き、とても勇気と希望が湧きました。私たちより上の世代が、長年戦ってきたのだから、私たち若者世代がそれを引き継ぎ、世の中を変えていかなければならないと、強く感じました。私が変えます!
  • 上野さんと岡野さんのやりとりが、おもしろく小気味良く、励まされました。今、次代が女性の力を求めています。最強のアジテーターお二人に私にもスイッチが入りました。
  • 安倍のいう改憲の意図がとてもよくわかった。岡野さんの熱い理論を上野さんがふんわりと受けてやわらかく投げ返し、深めていく方法がとても良かったです。
  • 安倍政権、自民党の改正草案の危険性、違憲であることがよくわかった。
  • 最近マレーシアの女性と会い「自分の国のどんなところが好き?」と質問したら「私の生まれた国だから好き」という答えがかえってきました。私が同じ質問をされたとき、どう答えるかな、彼女と同じ答えではないな、と思いました。私が属しているのは日本という国。どこに根をおろして、どんなふうに生きていくのか。今日のフォーラムでも、そのヒントを与えられた気がしました。ありがとうございました。

 改めて皆さま、熱いコメントをありがとうございました(「公開可」と丸を付けられていなかったコメントもその他多数(この2倍以上!)あり、掲載できないのが残念なくらいです。上野さん、岡野さんにはそれら含めて、ご報告させていただきました)。改めて元気をいただくとともに、「忙しい」と言っているうちに世の中が取り返しのつかない方向へ行ってしまわないように、自分もちゃんと必要なところで声を上げていかなければ、と思った次第です。

 このブログでも、また参画プラネットが事務局をお引き受けしているウイメンズアクションネットワークWANでも、フェミニズムの視点からわたしたちの社会を取り巻く状況についての情報発信を続けてまいります。引き続き、ご関心をもってお訪ねいただければ幸いです。



(2014年3月31日に、中日新聞朝刊に掲載されたフォーラムの記事です)

中村奈津子kyu
| 流れ星日記 | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
流れ星日記1093:「フォーラム・イマージ」、12〜3月の開催スケジュールです!
女性のためのオープンスペース「フォーラム・イマージ」は、今年4月に始まって以来、毎月2回の開催ですが、たくさんの女性たちに立ち寄っていただいています。少しずつ、「思いついたときにフラっと立ち寄れる場所」「誰かと話したいとき、何か相談したいことがあるときに思い出す場所」になりつつあるのかな、と、担当の一人として嬉しく思います。



「フォーラム・イマージ」は毎月、第1・第3木曜日の朝10時から夜8時まで開催しています。下記に12月から、来年3月までのスケジュールをお知らせしますね!

【今後の開催予定】
2014年12月18日(木)10:00〜20:00
2015年1月15日(木)10:00〜20:00
(1月は第1木曜日が元旦!なので、この日はお休みします)
2015年2月5日(木)10:00〜20:00
2015年2月19日(木)10:00〜20:00
2015年3月5日(木)10:00〜20:00
2015年3月19日(木)10:00〜20:00


ちなみに、下記フォーラム・イマージのチラシに掲載しているご案内文です。

【フォーラム・イマージ】 
働く女性、働きたい女性は、毎日が「とき」「とき」でいっぱいですね。 
その「とき」をわたしたちにお聞かせください。 
チャレンジしたくなった「とき」。 
何かを発見したい「とき」。 
困りごとがある「とき」。 
希望を失いかけた「とき」。 
どこかに出かけたくなった「とき」。 
うれしいことがあった「とき」も。 
あなたの、その「とき」をいっしょに話し、考え、喜び、何とかしたい・・・。 
そんな思いが集う、「フォーラム・イマージ」です。 
さあ、ごいっしょに。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
開催日 毎月第1・第3木曜日(年末年始の該当日は休みます) 
時 間 午前10時〜午後8時(開催時間内は、いつでも入退室自由) 
参加費 300円(1回につき) 
対 象 女性のみ 
主 催 NPO法人参画プラネット 
会 場 名古屋市中区栄一丁目7番26号.801(TEL:052‐203-5171) 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
※この事業は、名古屋市社会福祉協議会の地域福祉リーディングモデル事業「活動資金応援事業」(名古屋市福祉基金財源)により、助成を受けて実施しております。


ぜひぜひ、お気軽にお尋ねいただければ幸いです。

中村奈津子花
| 流れ星日記 | 04:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
流れ星日記1092:日進市立南小学校でセミナーの講師をつとめました。
6月17日に、愛知県日進市立南小学校でPTAセミナーの講師を担当してまいりました。

テーマは「毎日を気持ちよく暮らすためのコミュニケーション講座」です。この日は市内の小学校全校が学校開放日、ということで、自分のお子さんのいる教室へ行かれる方も多い中、20名ほどの方がこの講座に参加してくださいました。

講座でいろんな方にお会いすると、コミュニケーションに関しての悩みは尽きないんだなぁと思います。最初に、「どんな人とのコミュニケーションで悩んでいますか?」と問いかけをしたら、「夫、子ども、他の家族、ママ友、職場や地域などその他の人」と、今回も回答はさまざまでした。ただ、もしも人とのかかわりに全く悩みがなく、自分の振る舞いに内省もないとしたら、むしろその方が問題アリと言っていいかもしれませんよね(そういう「無自覚に俺様」な人は、別のところで困ったことになります、きっと)。困った、悩んでいる、という自覚は、より良い状況へ進めるための始めの一歩。いつも、そう思っています。

それから、よく皆さん誤解されているなぁと思うのですが、対立や争いがないように他者と関われることや、気持ちが荒れることなく穏やかに他者と向かい合えることが「良いコミュニケーション」ではありません。他者と自分とは基本的に異なるものであることを自覚したうえで、対立や感情の揺れに向かい合い(まずは今の自分とのコミュニケーションができ)、他者に対して力関係を超えたところでつながることに開かれている。毎日を気持ちよく暮らすために周りの人たちと風通しの良い関係を作るには、それらが大切な要素だと思います。今回は、そのことを具体的なことがらに置き換えてお話ししてきました。

講座の前後でご質問をいただいたり、ご自身のことについて聞かせていただくなど、個別に参加者の方たちとお話できる時間もあり、わたしにとっても気づきや、温かい気持ちをいただく機会となりました。PTAの役員の方々には、様々な心配りやご準備をしていただき、とても感謝しています。そうしてご参加くださったみなさま、どうもありがとうございました!また、どこかでお会いできるのを楽しみにしています。

そうそう。当日ご案内をし忘れちゃったのですが、参画プラネットが毎月2回開催している、女性のためのオープンスペース「フォーラム・イマージ」にもぜひ、機会があればお出かけください。4月の記事ですがご案内はこちら。7月の開催は3日(木)と17日(木)、それぞれ10:00〜20:00です。

中村奈津子ゆう★
| 流れ星日記 | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
流れ星日記1091:堺市長、竹山修身さんの講演会@京都・龍谷大学
お知らせです!6月14日(土)に、京都の龍谷大学で、堺市長、竹山修身さんの講演会があります。これは、龍谷大学のNPO・地方行政研究コースの開講科目である、「地域リーダーシップ研究」「先進的地域政策研究」で開催する講演会の一部を、一般にも公開するものです。

竹山修身さんについては、わたし自身は経歴などほとんど知らなかったのですが、この講演会に参加するため、彼が今年2月に出版された『訣別』を読みました。とても興味深い本でした。Amazonでの、この本の紹介を引用します。


’09年堺市長選で橋本徹の支持を受けて当選した竹山修身は、’13年の選挙では維新の会と対立。圧倒的に不利な状況の中、再選を果たす。なぜ彼は橋下徹と袂を分かったのか?当事者のみが知る赤裸々な真実!(赤字Amazonより引用)

30年以上大阪府の職員として勤務されたのち、2009年に無所属で立候補した堺市長選で初当選された竹山さんは、当時大阪府知事だった橋元徹大阪市長の全面的な協力を得て当選。その後橋本さんが打ち出された大阪都構想に断固として反対を示し、2回目の市長選では圧倒的に不利と言われながら、大阪維新の会の公認候補を6万票近い差をつけて再選。投票率も40年以上ぶりに50%を超える関心を集めた、政治の分岐点を生んだ選挙となったそうです。『訣別』は、誠実で真摯な人柄がうかがえる内容でした。おまけに、政治の赤裸々な側面もとても良くわかりました。思わず、彼のブログや講演会のHPなどまであれこれ拝見し、直接お話を伺うのが、とても楽しみになっています(彼が再選されたあとの、初登庁訓示などにはちょっと感激しました。ちなみにコチラ)。

下記に、簡単なご案内を掲載します。ぜひ、ご都合の合う方はご参加いただければと思います。

-----------------------------------------------

【自由・自治都市 堺の挑戦
〜なぜ、私は大阪都構想に反対なのか】

竹山修身・堺市長は 2009 年、橋下徹・大阪府知 事(当時)の支援をうけ堺市長に挑戦し市長に就任しました。しかし、昨年の 2 期目の選挙では橋下・大阪市長と袂を分かち、「堺はひとつ」「堺をなくすな」のスロ ーガンで大阪都構想に反対し、再選されました。 堺市は人口 84 万、大阪府内第 2 の都市であり、 世界三大墳墓の一つ仁徳天皇陵をはじめとする百舌 鳥(もず)古墳群があります。また中世には、自由・ 自治都市、南蛮貿易の拠点として、独自の歴史と文 化を築いた都市でもあります。 21 世紀にふさわしい自由・自治都市の姿をどのようなかたちでデザインすべきなのか、竹山堺市長とともに 考えることにします。 

1.日時 2014年6月14日(土)13:30〜15:00

2.場所 龍谷大学深草学舎21号館1階101教室
   http://www.ryukoku.ac.jp/

3.講師 竹山 修身 氏(堺市長)

4.参加費 無料

5.参加申し込み 不要(会場へそのまま、お越しください)

6.
お問い合わせ   龍谷大学 政策学部教務課
E-mail:seisaku@ad.ryukoku.ac.jp Twitter:@seisakun
〒612-8577 京都市伏見区深草本町67 TEL :(075)645-2285 

----------------------------------------------------------

中村奈津子
ゆう★

 
| 流れ星日記 | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
流れ星日記1090:WAN総会&シンポジウム2014
新緑の5月。WAN総会&シンポジウム2014の日程が近づいてきました。ぜひ、ご参加をお待ちしております。

WANのトップページでは、理事長、上野千鶴子さんからのメッセージ動画もご覧いただけます!


・・・・・・・・
【テーマ】
当事者主権で問いをたてる!いつも、そして、
いざというときこそ。―東日本大震災から3年を経て。

【日 時】2014年5月24日(土)午後1時30分〜4時30分

【会 場】アイーナ「いわて県民情報交流センター」盛岡駅徒歩3分 
http://www.aiina.jp/

【講師、パネリスト】
・中西正司(ヒューマンケア協会代表、全国自立支援センター協議会副代表、『当事者主権』著者)
・小川晃子(岩手県立大学社会福祉学部教授)
・石井布紀子(特定非営利活動法人さくらネット代表理事)
・紅邑晶子(特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター代表理事)

東日本大震災から3年を経て、さまざまな問いが生まれてきます。シンポジウムでは、こうした問いに応えつつ…インターネットは「弱者」支援のツールになるか。WANは日ごろの活動で何かできるか 。事業体と運動体…二つの側面からその可能性をさぐります。

詳細はこちらからもどうぞ。
◆WAN総会&シンポジウム2014ご案内

http://wan.or.jp/reading/?p=13573

クローバー中村奈津子クローバー
| 流れ星日記 | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
流れ星日記1089:SRフォーラム in“関西”2014〜事例を学び、信頼される団体運営を高めよう!
お知らせです!5月16日(金)、大阪で表記SRフォーラムを開催します。詳細は下記、ご覧いただければ幸いです。毎年、社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワークが5月に開催してきたSRフォーラムを、今年初めて大阪で開催するものです。関西方面の皆さま、もちろん中部他のエリアからも、たくさんのご参加をお待ちしています。

◆SRフォーラムin"関西"2014〜事例を学び、信頼される団体運営を高めよう!◆
 

2014年現在、全国で5万団体、関西でも約1万団体のNPO/NGOが、福祉、まちづくり、環境、国際協力、教育など様々な分野で重要な役割を担っています。NPO/NGOの社会的な役割が高まるにつれ、NPO/NGOの信頼性や社会的責任(SR)に注目が集まっています。

団体が信頼されることで、企業や行政との協働が実現する、スタッフのモチベーションが高まる、ボランティアなどの支援者が安心して活動に参加できるなど活動の発展にもつながります。「信頼性」、「社会的責任(SR)」と聞くと、なんだか難しくて大変な事をしな くてはいけないような気になりますが、そのような事はありません。小規模な団体でも、できることから始める事が出来ます。既に取組みを始めている団体も増えていますし、気づいていないだけで実は取組まれているかもしれま せん。

信頼される組織運営、安心して参加できる活動、スタッフの働きやすい環境、支援者・参加者の方の満足度向上、環境に配慮した団体運営、多様な組織との協働 などなど、様々な取組みが該当します。

SRフォーラム2014では、既に実践されている団体の事例を共有し、ワークショップなども交えながら、それぞれの団体の実践について考えます。みなさまのご参加を、お待ちしております。

《日時》
2014年5月16日(金)15:30-18:00(15:00 開場)

《場所》
市民活動スクエア CANVAS谷町
(〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2階)
京阪天満橋駅14番出口から徒歩8分、地下鉄天満橋駅3番出口、谷町四丁目駅1番出口から徒歩4分

《対象》
NPO/NGOの理事、スタッフなどの関係者、NPO/NGOの社会的責任(SR)に関心のある方

《主催》
社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(NNネット)

《共催》
NPOサポートセンター、環境パートナーシップ会議、国際協力NGOセンター(JANIC)、参画プラネット、
CSOネットワーク、ダイバーシティ研究所、難民を助ける会、日本NPOセンター、IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]
(五十音順、法人格略)

《参加費》
NNネット会員     1,000円
非会員(NPO/NGO)   1,500円
非会員(NPO/NGO以外) 3,000円

《主な構成》
◆15:30-16:50 第1部(事例発表)
≪趣旨説明≫
「なぜ、NPO/NGOの社会的責任が注目されるのか」
「NNネットのご紹介」

≪事例発表≫
1.「学生ボランティア950人と一緒につくるNPOのマネジメントとガバナンス」
発表者:能島裕介さん(特定非営利活動法人 ブレーンヒューマニティー 理事長)
<プロフィール>
1975年、神戸生まれ。1994年、関西学院大学の友人らで子どもたちの学習 支援を行う「関学学習指導会」を設立。1995年、阪神・淡路大震災で被災した子どもたちの支援活動を展開。1998年、関西学院大学を卒業し、株式会社住友銀行(現・株式会社三井住友銀行)入行。1999年、学生時代に行っていた活動をNPO法人化するた め同行退職。2000年、兵庫県知事の認証を得、特定非営利活動法人ブレーンヒューマニティーを設立。同法人理事長に就任。子どもたちを対象にした野外活動、不登校の 子どもたちの支援、国際交流活動など幅広い事業を展開。同法人理事長のほか、尼崎 市参与、兵庫県立大学客員教授なども務める。

2.「団体内で進めるISO26000の取組みについて」
発表者:堀江良彰さん(特定非営利活動法人 AAR 難民を助ける会 専務理事・事務局長)
<プロフィール>
1968年生まれ。大学院(国際法専攻)修了後、民間企業に6年間勤務し、 国際輸送・輸出入通関業務などを担当。2000年1月よりAAR Japanに勤務し、チェチェン、カンボジア、アフガニスタン支援事業等に関わる。2005年4月より常任理事・事務局長。2013年6月より現職。著書「会社に尽くしますか?社会に尽くしますか?― ワーク・アット・国際協力のススメ」(2005年 凡人社)(共著)。NNネット代表協議者としてISO26000国内委員、ISO26000JIS化本委員会委員を務めたほか、2013年からは ISO/SR幹事会委員も務める。

3.「NPOの情報開示からSRにとりくむ」
発表者:志場久起さん(特定非営利活動法人 わかやまNPOセンター 専務理事、和歌山県NPOサポートセンター 副センター長)
<プロフィール>
1976年和歌山県海南市生まれ。和歌山大大学院修了。生涯学習や社会教育 の分野を知る事でまちづくりに興味を持つ。学童保育指導員を経て、2002年7月わかやまNPOセンターの事務局スタッフに就任。翌年から理事を兼任。2006年4月から和歌山県NPO サポートセンター副センター長として、県内各地でNPO設立支援や運営相談などを担当。 2010年11月から現職。ほかに公共交通活性化や都市計画、まちづくりの活動にも取り組む。

◆17:00-18:00 第2部(SRカフェ)
テーマごとにグループに分かれて、自団体の今後の取組みや課題について、 事例の詳細についてなど、参加者&登壇者でざっくばらんに語り合います。

終了後には、懇親会も計画しております。是非、ご参加ください。お申込みをお待ちしております。

《申し込み・お問い合わせ》
参加のお申込みは、5月15日(木)までに以下のWEB申込フォームからお願いします。
社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(NNネット)事務局
日本NPOセンター 内(担当:三本・烏川)
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル245
TEL 03-3510-0855 / FAX 03-3510-0856
URL http://sr-nn.net/ お問合せフォーム http://sr-nn.net/contact

| 流れ星日記 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
流れ星日記1088:「フォーラム・イマージ」へお越しください。
4月に入りました。桜の季節は、名古屋では終わってしまいましたが、これから、八重桜が満開を迎えます。気持ちの良い気候で、どこかへお出かけなどしたくなりますね。


(この桜は、京都の三十三間堂で撮影しました)

さて、4月から参画プラネットでは、新しい事業が始まりました。すでに、チラシではご案内をはじめていて、ウエブサイトでも近日、ご覧いただく予定です。今日はそのご案内を、ブログで一足お先にお知らせいたします。

始まったのは「フォーラム・イマージ」と名付けた、女性のためのオープンスペースです。

毎月、第1・第3木曜日に開催(年末年始の該当日は休みます)。午前10時から午後8時まで、参加費は1回300円をいただきますが、いつ来て、いつお帰りいただいてもOKです。特に、こちらから飲食の提供はいたしませんので、必要な方は持ち込みでご用意をお願いいたします。参画プラネットの理事の誰かが常時滞在し、皆さんとご一緒に過ごします。

チラシに記載したキャッチコピーとご案内は、こんな感じです。

働く女性、働きたい女性は、毎日が「とき」「とき」でいっぱいですね。
その「とき」をわたしたちにお聞かせください。
チャレンジしたくなった「とき」。
何かを発見したい「とき」。
困りごとがある「とき」。
希望を失いかけた「とき」。
どこかに出かけたくなった「とき」。
うれしいことがあった「とき」も。
あなたの、その「とき」をいっしょに話し、考え、喜び、何とかしたい・・・。
そんな思いが集う、「フォーラム・イマージ」です。
さあ、ごいっしょに。

開催日 毎月第1・第3木曜日(年末年始の該当日は休みます)
時 間 午前10時〜午後8時(開催時間内は、いつでも入退室自由)
参加費 300円(1回につき)
対 象 女性のみ
主 催 NPO法人参画プラネット

※この事業は、名古屋市社会福祉協議会の地域福祉リーディングモデル事業「活動資金応援事業」(名古屋市福祉基金財源)により、助成を受けて実施しております。


次回は、来週の17日(木)です。わたしは滞在の担当理事ではありませんが、一参加者として、顔を出そうかと思っています。どこかへ出かけて、ちょっと誰かとおしゃべりしたい気持ちになったら、ぜひお出かけください。

undefinedundefined中村奈津子pyぜんまいくん

 
| 流れ星日記 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP