参画堂日記

わたしをつくる、仕事をつくる、社会をつくる。
NPO法人参画プラネット オフィシャルブログ

CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 虹色日記352:男女共同参画奨励賞を受賞しました
    深井希代 (10/10)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    のりこ (04/06)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    手しごと屋 (04/04)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    なつこ (11/24)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    masayo akasi (08/11)
  • さざ波日記:404_「違いを共に生きる」講義(愛知淑徳大学にて)から
    的場かおり (07/04)
  • 流れ星日記999:お礼、そしてこれからも。
    yukiko (06/24)
  • 虹色日記331:Cinemaな日@『別離』
    なつこ (06/03)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    なつこ (03/11)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    こんちゃん★ (03/10)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 流れ星日記92:写真展、土日バージョンです | main | 流れ星日記93:大叔母のところへ >>
カナダ日記78
2年間暮らしたトロントに別れを告げ、帰国便のストップオーバーを利用してバンクーバーに来ています。
世界一住みやすい都市といわれているバンクーバーは、トロントニアンにとっても、リタイア後に住みたい理想の街だそうです。
山と海に囲まれたバンクーバーは、日本の地形によく似ています。冬暖かく夏涼しいとのことですが、あいにくわたしたちが滞在している間は、ずっと雨。まるで日本の梅雨のようです。
バンクーバーからレンタカーを借りて、「ウイスラー」という高原リゾートに滞在した2日間も、降り続く雨で山に登ることもできず、ウインドーショッピングとホテルでゆっくり骨休みとなりました。
ちょうど21日は、「ハリーポッター」の発売日。日本でも報道されていたと思いますが、原作本の最終章の発売に、カナダの若者、子どもたちの熱狂振りがここ数日話題になっていました。私たちが滞在したウイスラービレッジにある書店でも、「ハリーポッター」の最終章発売のイベントが21日深夜0時からあり、わたしは買う予定もないけれど、好奇心からちょっとのぞきに。書店のウインドウ越しに見えたのは、深夜というのに「ハリーポッター」の7巻を予約した人達の長蛇の列。さすがにここでは、コスチュームをつけた購入者はいませんでしたが、お店の定員は「ハリーポッター」にちなんだ衣装をつけて、気分を盛り上げていました。こういうところカナディアンにしても、アメリカンにしてもノリがよいのですよね。

恨めしい雨空を眺めながらウイスラーを後にし、バンクーバーに戻ってきましたが、ここでも雨。わたしがぜひ訪れたかったBC州の州都ヴィクトリア市も雨の中の訪問となりました。ビクトリアは、イギリスの雰囲気を残す美しい都市といわれています。バンクーバーからフェリーに乗って1時間半。19世紀のイギリス風の建築と花々が美しい街ビクトリア。ちょうど今は、バラの季節。本当なら咲き誇る花々に感嘆をもらすところでしょうが、長雨で花たちも少し痛み気味。雨でしっとりと落ち着いた街並みもなかなかすてきですが、明るい日差しの中の景色も見たかったな。
バンクーバーは、トロントに比べるとたくさんの日本人観光客がいるのでしょう。いたるところで、日本語を耳にしました。みやげ物売り場にも日本語を話せる人がいたりして、日本語で話しかけられてびっくりします。日本語で話してもいいの、かな?って、変に緊張したりして(笑)。

さて、ウイスラー、ビクトリアと日本人になじみの深い観光地を訪れて、いよいよ、カナダを後にします。
(伊藤静香)
| カナダ日記 | 13:01 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする