参画堂日記

わたしをつくる、仕事をつくる、社会をつくる。
NPO法人参画プラネット オフィシャルブログ

CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 虹色日記352:男女共同参画奨励賞を受賞しました
    深井希代 (10/10)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    のりこ (04/06)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    手しごと屋 (04/04)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    なつこ (11/24)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    masayo akasi (08/11)
  • さざ波日記:404_「違いを共に生きる」講義(愛知淑徳大学にて)から
    的場かおり (07/04)
  • 流れ星日記999:お礼、そしてこれからも。
    yukiko (06/24)
  • 虹色日記331:Cinemaな日@『別離』
    なつこ (06/03)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    なつこ (03/11)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    こんちゃん★ (03/10)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 流れ星日記60:学童体験記6・葛藤 | main | カナダ日記58 >>
冥王星日記16
生活者の視点で考える防災・災害復興(15)

2005年9月初め、学区の防災訓練に参加した。
私は子ども会の役員をしていた。
その子ども会は“炊き出し班”の任務を仰せつかった。

毎年輪番制で各学区(自治会)に回ってくる大大的な防災訓練である。
何年か前の防災訓練といえば、火災を想定した訓練であった。
消防車が来て消火訓練をしたり、はしご車に乗せてもらったり。
しかし、ここ数年は、大震災を想定した訓練になってきた。
今回も、自治会を中心に、学校、PTA、区役所、消防署、社会福祉協議会(災害ボランティア協議会)など総出演の訓練であった。

公園では自治会によるバケツリレー消火。
崩れた家屋からの救出訓練。
テント下で三角巾を使った応急手当。
簡易“灯り”のつくり方講習会。
模擬ボランティア要請の練習。
わが子ども会の炊き出し訓練。
そして、最後に消火訓練。
などが行われた。

炊き出し訓練は、前回紹介したハイゼックス袋を使用したご飯の炊き出しをした。
小学生1,2年生の子ども一緒に作業を行った。
.魯ぅ璽奪ス袋に無洗米を1合入れる。
∪まで水を入れる。
9イ澆鳳じて梅干を入れる。
―ここまでが子どもたちの作業。
ぅ乾爐任わを閉める。この時空気を余り入れないように水のきわで閉める。
イ覆戮某紊鯆イ蝪毅安泙曚品造戮篤れる。

冥王星16炊き出し

火をつけ、グツグツ煮ること20分で出来上がった。
中にはゴムがとれ、なべの水が入ってしまったものがある。
ハイゼックスで米を炊く利点は、
.魯ぅ璽奪スに入れる水は飲料水だが、なべの水は生活用水で構わないということ。但し、ゴム輪をしっかりと閉めないといけない。
△泙拭■餌泙困鎚けられるので皿がいらないし、その袋のまま食べられるということだ。

さあ、子どもたちの試食が始まった。
子ども会のメンバーも初めての経験ではあったが、手馴れた作業にさすがと思った。
でも、実際に誰が炊き出しをするは、その時その場所にいた人なのだ。
(明石雅世)

救出訓練の様子
冥王星16防災訓練
| 冥王星日記 | 11:36 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする