参画堂日記

わたしをつくる、仕事をつくる、社会をつくる。
NPO法人参画プラネット オフィシャルブログ

CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 虹色日記352:男女共同参画奨励賞を受賞しました
    深井希代 (10/10)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    のりこ (04/06)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    手しごと屋 (04/04)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    なつこ (11/24)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    masayo akasi (08/11)
  • さざ波日記:404_「違いを共に生きる」講義(愛知淑徳大学にて)から
    的場かおり (07/04)
  • 流れ星日記999:お礼、そしてこれからも。
    yukiko (06/24)
  • 虹色日記331:Cinemaな日@『別離』
    なつこ (06/03)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    なつこ (03/11)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    こんちゃん★ (03/10)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 流れ星日記1106:福知山市男女共同参画センターへ行ってきました。 | main | 流れ星日記1107:<にじいろちらしずし第1.5弾> 映画『ジェンダー・マリアージュ』+座談会「日本の学校におけるLGBT問題」 >>
虹色日記363:多治見市の広報にコラムが掲載されました
現在、多治見市の男女共同参画推進審議会の副会長をしています。そのご縁で、多治見市の広報紙でコラムを掲載する機会をいただきました。(『広報Tajimi』のウエブサイト「時代をつむぐ男と女」のページ)



コラムの内容を以下に張り付けますね。
*******************************
平成27年12月に国が定めた第4次男女共同参画基本計画では、「男性中心型労働慣行等の変革と女性の活躍」を第一分野にあげ、男性中心の働き方や制度・慣行の改善を進めています。

そこで、提案したいのが、「ディーセント・ワーク」です。「ディーセント・ワーク」とは、ILO(国際労働機関)が初めて用いた概念で、「働きがいのある人間らしい仕事」を意味します。人々がよりよく生きるためには、女性も男性も、自由・公正で、保障があり、人間としての尊厳を保てる仕事を得ることが重要だとして、ILOはディーセント・ワークの実現に取り組んでいます。
このような動きに比べ、日本の労働状況は年々悪化しています。低賃金で不安定な非正規雇用の増加、長時間労働、セクハラやマタハラなどの職場のハラスメントなど、問題は山積みです。これでは、いくら「女性の活躍」と言われても難しいような気がします。男性にワーク・ライフ・バランスなども望めないでしょう。

こうした状況を変えていくために、ディーセント・ワークの考え方が重要になってくるのです。一人一人の人権が尊重され、自由・公正な環境で、働いて暮らせることは、男女共同参画社会の実現につながると思います。
多治見市でも、「ディーセント・ワーク」を広げていきましょう。

******************************


3月5日には、『人権としてのディーセント・ワーク』の著者である西谷敏先生をお迎えして、「ディーセント・ワーク」をよりわかりやすくお話していただきます。

ディーセント・ワーク公開フォーラム
第2回:テーマ「ディーセントワークをつくる、届ける、拡げる―次代に向けて、働き方を提案する」
日時:2016年3月5日(土)午後1時〜4時30分  
会場:ウイルあいち/セミナールーム1・2

詳細は、参画プラネットHP:ディーセント・ワーク・フォーラムのページ

ぜひ、ご一緒にディーセント・ワークについて考えましょう。ご参加をお待ちしています。

伊藤静香
| 虹色日記 | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://plannet.sankakudo.net/trackback/1620861
トラックバック