参画堂日記

わたしをつくる、仕事をつくる、社会をつくる。
NPO法人参画プラネット オフィシャルブログ

CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 虹色日記352:男女共同参画奨励賞を受賞しました
    深井希代 (10/10)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    のりこ (04/06)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    手しごと屋 (04/04)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    なつこ (11/24)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    masayo akasi (08/11)
  • さざ波日記:404_「違いを共に生きる」講義(愛知淑徳大学にて)から
    的場かおり (07/04)
  • 流れ星日記999:お礼、そしてこれからも。
    yukiko (06/24)
  • 虹色日記331:Cinemaな日@『別離』
    なつこ (06/03)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    なつこ (03/11)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    こんちゃん★ (03/10)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 流れ星日記968:NNネット幹事会へ | main | 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ >>
虹色日記322:HAPPY PRIDE!「性の多様性から考える人権」
指定管理者事業で開催された「性の多様性から考える人権」に参加しました。

LGBTと呼ばれるレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーを
テーマにした催しものは、まだまだ浸透していないのが現状です。
むしろ「おねえ系」とひとくくりにされ、
TV等で面白おかしく表現される特別な存在として
あらわされることが 多いのではないでしょうか。

そもそも、わたしたちは、 セクシャルマイノリティについて
情報が不十分で知らないことも多いし、
理解していない部分も多いと思います。
性志向と性自認が別の次元であることを知り、
理解している人が、はたしてどれくらいいるのでしょうか。

今回の講演会とシンポジウムは、
そんな私たちの期待に大いに応えてくれました。

基調講演の風間孝さんのお話からは、ベーシックな知識と情報を得て、
当事者とその家族の方の生のお話をいただくことで
LGBTの人々の存在が具体性を増しました。


とくにわたしの胸にすとんと落ちたのは、
性志向において完全な同性愛者は、実は少なく、
「どちらかというと・・・・」というような
グレーゾーンが非常に多いということです。
それって、べつに特別じゃないじゃん!っていうかんじ。
だれでも好きだなあっておもう感情は自由なはず。
たまたま好きになった人が「どういうタイプ」かっていうだけのこと。

その人の好きなタイプが男の性であるか、
女の性であるのかの違いだけじゃないのか、って思うと、
わたしの好きなタイプがエキゾチックなバター顔の人って、いうのと
さほど、変わらないのではないか、そんなふうに考えます。

だとしたら、LGBTの人たちは特別ではなく
本来なら、なんの生きづらさを抱えることなく
暮らしていける存在でなくてはならないと思います。

日本では、まだまだ彼ら彼女らの存在さえも
黙示されるのが現状ではないでしょうか。

わたしが2年間住んでいたトロントでは、
毎年6月なると市役所の旗がレインボーになります。
「ダイバーシティ都市宣言」をしているトロント市では、
市長自ら参加するプライドパレードが行われ、
性的なマイノリティをはじめとする、
さまざまマイノリティの人々が その存在をアピールします。
多種多様な人種がともに暮らすトロントで 差別がないとはいいません。
むしろ、差別があるからこそ「宣言」をし、
ひとりひとりの人権を守ることを意識しているのでしょう。

日本はどうでしょうか。わたしたちのくらしの中に、
ごく自然に彼ら彼女らは 存在しているのでしょうか。
「存在」すらしていないと「見ないふり」することが 暴力であり、
人権無視であると私は考えます。

今回の講演会・シンポジウムは、
そんな問題提起をしたのではないかと思います。
この機会が、性の多様性の視点から、さざ波を起こす一石になったらうれしいです。

トロントでのプライドパレードの様子をつづったカナダ日記はこちら。
カナダ日記73
カナダ日記22

いとうしずか
| 虹色日記 | 16:51 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
アオさん

コメントありがとうございます。
名古屋発信でこのような動きが
各地に拡散されることも期待して!
| しずか | 2012/02/23 7:33 AM |
「名古屋圏の公の施設では初めて…」とのコメント!
ありがとうございます。
この企画を進めてきた渋谷典子です。

企画の実現に向けて、サポートしてくださった方々に感謝しつつ…。次回に向けて!ご期待ください。

会場にて、おまちしています。
| のりこ | 2012/02/22 4:55 PM |
企画に関わった参画プラネットの中村と申します。

わたしも、イベントには所用で当日関わることができませんでしたが、開催できたことには、講師、参加者の方々含めて、ご協力いただいた皆さまに深く感謝しています。

アオさんのコメント、とても嬉しく思いました。

このイベントがきっかけで、次へつながる、さまざまな広がりが生まれたらと期待しています。
| なつこ | 2012/02/22 1:10 PM |
すごく行きたかったのですが、所用があり参加を断念しました。
この企画を立案されたことに敬意を表します。
名古屋圏の公の施設では初めての試みではないでしょうか?これからも、このような企画を期待しています。
その際は絶対参加いたします。
| アオ | 2012/02/21 5:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://plannet.sankakudo.net/trackback/1620592
トラックバック