参画堂日記

わたしをつくる、仕事をつくる、社会をつくる。
NPO法人参画プラネット オフィシャルブログ

CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 虹色日記352:男女共同参画奨励賞を受賞しました
    深井希代 (10/10)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    のりこ (04/06)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    手しごと屋 (04/04)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    なつこ (11/24)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    masayo akasi (08/11)
  • さざ波日記:404_「違いを共に生きる」講義(愛知淑徳大学にて)から
    的場かおり (07/04)
  • 流れ星日記999:お礼、そしてこれからも。
    yukiko (06/24)
  • 虹色日記331:Cinemaな日@『別離』
    なつこ (06/03)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    なつこ (03/11)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    こんちゃん★ (03/10)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 流れ星日記911:10月8日(土)World Peace Cinema上映会『GATE』&監督によるトークのお知らせ | main | 流れ星日記912:『人生、ここにあり!』 >>
虹色日記308:+UPインターシップ報告会にて@桜花学園
去る14日、豊明市にある桜花学園(名古屋短期大学(メイタン)と言ったほうが
なじみが深いかも知れません)で行われた
+UPインターンシップ報告会に出席してきました。

この夏に現代教養学科の学生全員が、キャリア教育の一環として
県下の企業や団体にインターシップ体験をした報告です。

この日は、3つの会場に分かれて、
それぞれが体験したインターンシップの報告を発表しました。
受け入れ先は、19社。
市役所、商社、メーカー、金融業、ホテル、
医療機関、NPOなど職種は多岐にわたります。
報告のプレゼンテーションのために
訪問先ごとにグループになり、
学生は資料とパワーポイントを作成したようです。
発表では、それらの資料を使いながら、一人ひとりが発表しました。
3つにわかれた報告会場では、
同じ資料が使われているけれど、発表者が違うため、
学生の持ち味によって同じ企業でも違いがあるのが面白かったです。

参画プラネットの報告では、7月にインターンシップに来てくれた学生が
指定管理者事業である名古屋市男女平等参画推進センターの
報告をしてくれました。

発表の中で学生がうれしい感想を述べてくれました。
「最初は重い場所だと思っていたけれど、
とても身近な施設で、自分たちも利用できるような場所だとわかった」
「働く女性の方たちがとても生き生きと楽しそうに働いてて、
自分もそういうところで働きたいなと思った」
センターを身近に感じ、またそこで働くわたし達を「生き生きしている」と
感じ取ってくださったことが、とてもうれしいです。

2時間のインターシップでは、
働く体験を充分にしていただくことは難しいですが、
そこで働く人がどういう気もちで働いているのか、働くこととはどういうことか、
学生たちが自分のこととしてイメージできるきっかけになればと思います。

参画プラネットを訪れてくれた学生たちがくれたお礼状の一部を
学生の了解を得て、ご紹介いたします。

================================
・・・・略、私たちが感じたことは市民の方のことを第一に考え、
利用者の意見を反映して誰でも利用しやすい施設にすることを心掛けていることです。
色々な所に目を配っていて、男子トイレにオムツを変えるスペースが設けてあり、
車いすの方でも利用できるような配慮もしてあり感動しました。
参画プラネットで働いている方たちは、仕事をしながら資格をとったり、
大学に通ったりしていてとても感心しました。
市民の方と同じ立場で物事を考え、私服で仕事をする事で距離が出来ないように
しているのだと思いました。
女性の相談室では、落ち着ける空間づくりのため照明を変えたり、壁紙をかえたり、
木をたくさん使っていたり本当に細かい所まで気が配ってありすごいと思いました。
機会があれば利用してみたいと思います。・・・略

================================

わたしが学生だった頃(すでに30年近く前になる・・・)は、
会社選びの条件は、「土日休みで、通勤の便が良いところ」というように、
自分がどんなところで、どういう働き方をするのか、
ほとんど考えることなく決めていました。
なにしろ、就職は「社会勉強のため」で、
結婚したら退職するものだと思い込んでいたのですから。
今思えば、まったく無知な意識の低い学生でした。
あのとき、「働く」ことが自分の生き方に関わってくることを
少しでも考えていたら、今とは別の道を歩いていたかもしれません。

今の短大生は、この厳しい経済状況の下で
入学したと思ったら、もう就職のことを考えなくてはいけない
社会の動きがあります。
大変だなあと思いますが、「働く」ことを考えるのは
決して早すぎることではないと思うし、
自分の将来について長期的なビジョンを持つことは重要なことです。
桜花学園のこの+UPインターンシップは、
そのような機会を学生に与えるよいプログラムだと思います。
受け入れ先の企業・団体との調整をなさる先生方の
ご苦労は並大抵ではないと想像できます。
そうした桜花学園の取り組みに私ども参画プラネットも
ご協力でき、大変うれしくおもいます。
来年も機会があれば、ぜひご協力させていただきたいと考えています。

いとうしずか
| 虹色日記 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック