参画堂日記

わたしをつくる、仕事をつくる、社会をつくる。
NPO法人参画プラネット オフィシャルブログ

CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 虹色日記352:男女共同参画奨励賞を受賞しました
    深井希代 (10/10)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    のりこ (04/06)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    手しごと屋 (04/04)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    なつこ (11/24)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    masayo akasi (08/11)
  • さざ波日記:404_「違いを共に生きる」講義(愛知淑徳大学にて)から
    的場かおり (07/04)
  • 流れ星日記999:お礼、そしてこれからも。
    yukiko (06/24)
  • 虹色日記331:Cinemaな日@『別離』
    なつこ (06/03)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    なつこ (03/11)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    こんちゃん★ (03/10)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< さざ波日記:306_市民が選ぶ!地域企業のCSRセミナーin東海 | main | 虹色日記251:評価士をめざして >>
流れ星日記795:NWEC、夏のフォーラムへ!
ここ数日、日中の猛暑は続いていますが
僅かに朝晩、秋の気配が感じられるようになりました。

さて、今年も8月末の27日(金)〜29日(日)にかけて、
国立女性教育会館主催の
「男女共同参画のための研究と実践の交流推進フォーラム」
が開催されます。

詳細は、会館のHP(下記)をご参照くだされば幸いです。
http://www.nwec.jp/jp/program/invite/2010/page07i.html

そこで今年も再び、参画プラネットはワークショップを行います。
初日、27日(金)の15:30〜17:30、
テーマは「DV被害者のための「暮らし復興」プロジェクト報告会」。

昨年度、参画プラネットは各所から頂いた助成金を活用して、
DV被害当事者、生活困難な状況にある女性のための事業を
次の4つ行いました。
1)DV被害女性のための「暮らし復興」プロジェクト事業
〜あいちモリコロ基金による助成
2)経済的に困難な状況にある女性のためのパソコン講座事業
〜全国女性会館協議会(マイクロソフト)による助成
3)DV被害女性のための「暮らし復興調査」研究から実践へ・・
実効性のある仕組みづくりと政策提案事業

〜国連女性開発基金ユニフェム日本国内委員会、エイボンプロダクツによる助成
4)DV被害者就労支援「ビーズ講座」事業
〜名古屋市福祉基金(地域福祉推進・子育て支援基金)による助成

それぞれに事業目的やターゲットは異なりましたが、
それらを、水の波紋のような広がりを示しつつ展開できたのが
事業全体の成果の一つかと、個人的にはとらえています。
DVへの取り組みにはいろいろな側面からのアプローチが必要ですが、
それらが被害当事者の視点では、生活再建までのプロセスにおいて
ばらばらに存在するのではなく、継続性があり、
社会的なひろがりにおいても(マクロの視点でも)つながり・連携をもって
行われていくことが一層大切になってくるのかなというのが、
昨年度の実施全体を振り返っての、わたしの一番の感想でした。

さて、
今回のワークショップではその中の(1)を取り上げて、
そこで行った連続講座「わたしの暮らし発見塾」の実施概要と、
DV被害当事者へ個別に行ったヒアリングと分析をとおして
提案書にまとめた「暮らし復興調査」の内容を詳細にご報告いたします。

DVの被害に遭い、その状況から何とか抜け出した(つつある)方が、
次に自らの暮らしを立て直していくプロセスを支援するには
どのような手段、どのような支援のツールが求められているのか。
今回、この調査結果の詳細な報告会は、初めて行うものです。

講座「わたしの暮らし発見塾」の実施概要は、
講師としても関わったわたしがご報告し、
「暮らし復興調査」の方は、
この調査で中心的に関わっていただいた
山口佐和子さんにご報告をしていただく予定です。

山口さんは、ご自身の研究をもとにした著書
『アメリカ発DV再発防止・予防プログラムー施策につなげる
最新事情調査レポート』を今年3月にミネルヴァ書房から発売されており、
その著書も会場には並べ、ご覧いただきたいと思います。

ご関心のある方、是非ご一緒に!お待ちしております。

☆中村奈津子☆

アメリカ発DV再発防止・予防プログラム―施策につなげる最新事情調査レポート
アメリカ発DV再発防止・予防プログラム―施策につなげる最新事情調査レポート
山口 佐和子
| 流れ星日記 | 04:36 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする