参画堂日記

わたしをつくる、仕事をつくる、社会をつくる。
NPO法人参画プラネット オフィシャルブログ

CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 虹色日記352:男女共同参画奨励賞を受賞しました
    深井希代 (10/10)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    のりこ (04/06)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    手しごと屋 (04/04)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    なつこ (11/24)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    masayo akasi (08/11)
  • さざ波日記:404_「違いを共に生きる」講義(愛知淑徳大学にて)から
    的場かおり (07/04)
  • 流れ星日記999:お礼、そしてこれからも。
    yukiko (06/24)
  • 虹色日記331:Cinemaな日@『別離』
    なつこ (06/03)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    なつこ (03/11)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    こんちゃん★ (03/10)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< かたくり日記17:G・Wも介護サポーター | main | 流れ星日記757:ありがとよ >>
流れ星日記756:「母の日」に
昨日、
少し早い「母の日」のプレゼントにと、
意外な方からお花をいただきました。

その、
心根の温かさが
めぐりめぐって、ご本人に向かうといい。

心から、その方の幸いを願ったわたしです。

・・・・

さて、「母の日」とか、
昨日の虹色日記224を受けて思ったこと。

「母性」とか「父性」って、
つくづく、その言葉から生まれる誤解が大きいかもって思うし、
もう少し工夫された言葉が生まれてもいいのにと思いますが、
まず、(その言葉の定義に関しては今回置いておいて、
また、ある程度のイメージも共有されていると仮定して)
どちらも、
実際に親になった人だけが
子どもに対して発露を引き受けるものではないはず。
(つまり、例えば生みの母親だけが自分の子どもだけに
母性を与える存在ではないってことです。父性も同じく。)
さらに、
「母性は女性だけが、父性は男性だけが持つもの」でもないのは、
ちょっと考えてみれば明らかではないでしょうか?

(この辺りの言葉の由来、あるいは意味づけについては
勉強不足なので、あんまり語彙そのものに対して
意見が言えないところですが・・・)

自身の内に
両性を抱かない人はいない。

その、内にある両性のいずれかを否定しては、
その人として存在しえないと思う。

そのバランスは人それぞれで、
みんな違うから、社会が成り立っていると感じるし、
また、それを踏まえて
「自分はこうだから、他者もこうであるはず」
「自分はこうだから、他者もこうあるべき」
というところからもっとも遠いのが、
わたしが考える男女共同参画の姿、なんだけどなぁ。


・・・・


というわけで、明日の「母の日」。
わたしは、
これまで自分に母性を投げてくれた、
多数の「母的なもの」に感謝する1日にしたいと思います。

そういう意味では、
わたしに花をくださった方にも、
わたしは、大きな母性をいつも感じています。
(って、高齢の男性なので、多分、
120%、そう言われるのは嫌がると思うけど。
付け加える必要ないかもですが、
素敵な男性ですし、父性もめっちゃ持ってます)

だから、母の日にちなんで、
ひとり、勝手につぶやいちゃう。

Tさん(にも)、thanks for everything.

☆中村奈津子☆
| 流れ星日記 | 05:38 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする