参画堂日記

わたしをつくる、仕事をつくる、社会をつくる。
NPO法人参画プラネット オフィシャルブログ

CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 虹色日記352:男女共同参画奨励賞を受賞しました
    深井希代 (10/10)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    のりこ (04/06)
  • さざ波日記:428_NPOのチカラ2013―それは、「女縁」からはじまった!
    手しごと屋 (04/04)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    なつこ (11/24)
  • 流れ星日記1012:『隣る人』レビューです。
    masayo akasi (08/11)
  • さざ波日記:404_「違いを共に生きる」講義(愛知淑徳大学にて)から
    的場かおり (07/04)
  • 流れ星日記999:お礼、そしてこれからも。
    yukiko (06/24)
  • 虹色日記331:Cinemaな日@『別離』
    なつこ (06/03)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    なつこ (03/11)
  • 流れ星日記969:「レジリエンス☆こころのケア講座」ファシリテーター養成講座へ
    こんちゃん★ (03/10)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 流れ星日記332:もりおか女性センターにて | main | さざ波日記:160_NPO法人の設立支援 >>
虹色日記68:プラットホーム・フォーラムinもりおか&わんこそば
流れ星日記の奈津子さんに続き、
わたしも「プラットフォーム・フォーラムinもりおか」のご報告を!
5月は仙台出張、6月には青森で学会参加、8月の家族旅行で北海道と
今年は北国に縁があるようで、締めくくりはこの盛岡です!
会場は、もりおか女性センター。

盛岡市の一等地にある「プラザおでって」の5Fが女性センターです。
morioka2


昨年、「みんなで温泉に集まろう」と遊び心(?)で始まった通称「温泉サミット」。
各団体の現状を飾ることなく本音で語り、
お互いの課題を共有し、解決策をさぐることができる貴重な時間です。
morioka1

指定管理者制度の導入で、NPOなどの市民団体が
公的施設を担うチャンスが全国規模で広がっています。
先例のないことゆえ、どの施設でも新しい課題にぶつかりながら、
一つひとつ乗り越えているのが現状です。
「うちではこんな問題をこうして解決したよ」とか、
「いま、こんなことに困っているんだけど、お宅ではどうしてる?」とか、
お互いの情報を交換して、知恵を出し合って解決に向かおうというのが、
このフォーラムのねらいです。
何がすばらしいかって、この連携です!
これが男社会の企業だとしたら、各団体はライバル会社のはず。
それぞれの運営方法は、企業秘密になるはずなのに、
惜しげもなく提供して、力を合わせてみんなで向上しようという考え方になるのは、
どの団体も「男女共同参画社会の推進」という同じ目的を持っているからかもしれません。

もちろん、おいしい食べ物と温泉という組み合わせも欠かせない要因!?
いやあ、どの団体も活動のキーワードは、「楽しむ」ことかも!と思いました。
多忙を極めてもだれも悲壮な顔をしてないもんね。
どんなことも楽しんでやっちゃうっていうのが、NPO活動の醍醐味かな〜。

そのお楽しみのひとつ。
会議後、わたしは「わんこそば」チームに参加し、わんこそば初体験をしました。
写真でご報告を。

もりおか女性センター近所のわんこそば屋さん「直利庵」
morioka3

前掛けをかけてスタンバイ!
morioka4

エセナ大田のMさん大ピンチ!
ふたをしないと「終了」にならないのですが、
給仕のお姉さんは、なかなかふたをさせてくれません。
morioka5

ちなみにわたしは33杯で降参。
最高は、もりおか女性センターのTさん46杯。さすが、本場です。鍛え方が違うワ。
最後まで、終了させてもらえず涙ながらに食べ続けたのは静岡女性会館のTさん。
最後のおわんにふたをしたときには、みんな大歓声と拍手!
どのイベントよりも盛り上がったかも!?

赤りんごいとうしずか
| 虹色日記 | 10:13 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする